Top > 企画 > そんなのあり?

そんなのあり?

特定調停というのも任意による整理と同じく、各債権者に返済を続けることを前もって決めた借金整理の手順のことです。

 

わかりやすくいうならば裁判所が関与する借金整理といえます。

 

この手順も先の方法とほぼ同じく、破産宣告と違い一部の負債だけを処理していくことになりますので他の連帯保証人が関与している借入金以外だけを処理していく際やクルマのローンを除いて整理していく場合なども活用することもできますし全ての資産を放棄してしまうことは求められませんのでマイカーや住宅などの個人資産を保有していて、放棄したくない場合などでも有用な債務整理の手順となっています。

 

しかし、手続きを取った後の返済に必要な額と実際の収入をかんがみて、適度に返済の計画が立つようならば方法を選択するほうが良いですが、自己破産のように返済義務自体が消えてしまうということではないため、借りている合計がかなりある場合には、現実には特定調停の選択をするのは難しいということがいえるでしょう。

 

さらに、国の機関が間に入ってくるので司法書士事務所などに頼まなくても立場が弱くなってしまうことはないという点や手続きの諸費用を圧縮できるというメリットはありますが各債権者からのきびしい催促に債務者本人が応対していく必要がある点に加え、所定の裁判所にことあるたびに行く必要があるというような覚えておきたい点もあります。

 

さらには、任意整理による処理と比較すると、最終段階でも解決が得られない場合は利息を全部付けた額で返していかなければならないといったことやあとから見れば債権者へ支払っていく総額が任意整理と比べて割増しになる傾向があるなどのデメリットもあります。

 

企画

関連エントリー
そんなのあり?テスト