Top > 活動 > 免責不許可

免責不許可

民事再生という選択肢は住宅ローンなどを含む多重債務に困っている方を念頭において、マンションを維持したまま経済的に立ち直るために法的機関を通した債務の整理の選択肢として平成12年11月に利用できるようになった選択肢です。

 

民事再生は、破産申告とは違って免責不許可となる要素はありませんので、ギャンブルなどで借金を作ったような場合においても取れますし、破産宣告により業務できなくなる危険のある免許で給与を得ているような場合でも手続きは検討できます。

 

破産手続きの場合は住宅を残すわけにはいきませんし他の債務処理方法では元金自体は返済していく必要がありますので、マンション等のローンもある一方で完済するのは多くの人の場合難しいと思われます。

 

民事再生という方法を採用できれば住宅ローン等以外での負債は相当なお金をカットすることが可能なため余裕をもってマンション等のローンを払いつつ残りの借り入れ分を返していくようなことができるということになります。

 

といっても、民事再生という選択は任意整理による手続きまたは特定調停と異なり一部分の借り入れだけを除外して処理を行うことは許されていませんし、破産申請におけるように返済義務そのものが消えてしまうということではありません。

 

くわえて、これとは別の整理方法と比較して手順が負担もかかりますので、住宅のためのローンを持っていて住宅を手放せないような時以外で破産申告等それ以外の整理方法がない場合における最終的な手段とみなした方がいいでしょう。

 

活動

関連エントリー
自然に免責不許可年に一度の健康診断があった女性の社会進出が活発化しているテスト